最近マンション大規模修繕を行いました

最近、第一回のマンション大規模修繕を終えたばかりです。マンションが建てられてから15年が経過し、あちこちに亀裂などが入り不安でしたから、これで安心して暮らすことができます。第一回のマンション大規模修繕では、外壁の補修や防水、金物の修繕などが行われ、最後にクリーニングが行われ、新築のようにとまではいきませんがかなりキレイになりました。足場が組まれ、養生シートがかけられたため、いろいろ不便なこともありました。それが、数か月続くわけですから、住民にもストレスがかかります。しかし、マンション大規模修繕をしなければ、マンションに安心して暮らすことができません。定期的に大規模修繕をすることで、安心してマンションに暮らすことができます。それに、大規模修繕をすることで、マンションの資産価値を維持することができます。定期的な大規模修繕はとても大切なことです。

マンション大規模修繕の良いところとは

マンションでも戸建てでも修繕は必要になります。特にマンション大規模修繕は計画として強制的にやりますから、かなり良いです。戸建ての場合、すべてが自己責任になりますから、意外と計画が出来ていない人が多いです。ですが、マンションではそんなことはないです。修繕積立金という形で徴収していますから、少なくとも物凄く足りないような状況にはならないです。想定していた以上に修繕費がかかることになり、更なる資金供出が求められることもありますが、それまでの修繕積立金があるからこそ、その程度で済んだと考えた方が良いです。マンション大規模修繕ですが、周期として12年と言うのがあります。これは国土交通省が出している指針の一つです。絶対と言うわけではないですが、参考にしておくとよいです。風土にもよりますが、大凡10年に一度は必要になると考えておけばよいです。

マンション大規模修繕はコンサルタント選びから

分譲マンションを買えば12年ほどで1回目のマンション大規模修繕の時期がやってきます。これは外壁などの補修をするための最初の工事となるわけですが、当然その補修をしてくれる業者を探さなければなりません。ですがその業者は一戸建てを専門とするリフォーム業者選びとは違い、非常に難しい作業となります。なぜなら建物の規模が全然違うし、予算も規模もやはり桁違いとなるからです。このときにマンション住民の中には無頓着に管理業者に任せていればいいと勘違いしている人がいまだ多くいます。ですが管理業者に無関心に丸投げしていると、肝心の補修工事でその予算の額を多めにとられてしまいかねません。また補修工事自体もしっかりと行ってくれず、最低限の工事で終わってしまいかねないかもしれません。だから建物の状態がどうなっているか、どこの工事業者にすればいいかなどの相談をご丁寧に教えてくれるコンサルタント業者選びを自分たち住民で行う必要があります。