マンション大規模修繕について

マンション大規模修繕が各地で行われています。古くなったマンションが、中古として売れることなく、そのままの状態になっていることが多い建物があります。こうしたマンションは、いくら安く販売しても売れない傾向にあります。その理由として、最新の設備が整っていないことや、部屋が雰囲気が古いといったことがあります。安く販売を行い、修繕をしてもらうことも考えているでしょうが、やはりマンション大規模修繕を行ってから販売をした方が売れる傾向にあるでしょう。マンションが大きくダメージを受けやすい部分は、やはり水廻りです。購入する人のほとんどが、こうした水廻りが綺麗かどうかで購入を判断している傾向にあります。大規模修繕は、水廻りを中心に行い、最新の設備にすることで中古であっても人気がでるマンションへと変化するでしょう。

マンション大規模修繕のポイント

マンション大規模修繕は、ほとんど場合は住居者の月々の積み立てによって行われます。マンションは購入をした後も、共益費や維持修繕費などを支払います。大規模修繕費は毎月支払われる維持修繕費から拠出されることが多く、10年ほどで使用される場合がほとんどです。マンション大規模修繕が行われる場所で最も多いのが、外壁部分です。外壁は、時間が経つことで劣化していき、紫外線により色があせた状態になります。外壁部分の塗装修繕は、とても多くの費用が必要で、簡単に行うことができません。また、修繕期間についても長い期間が必要になりますので、入居している住民の同意を得て行うことになります。また、エントランス部分についても修繕が行われます。皆が使用する部分ということや、マンションの顔となる部分なので、綺麗に修繕を行う必要があるでしょう。

マンション大規模修繕を行う意味

マンション大規模修繕は、マンションが建設されたときから計画されています。ほとんどのマンションの場合、時間が経つと劣化していき、時間が経てば経つほど、その劣化スピードも速くなる傾向にあります。戸建て住宅よりも頑丈なイメージのあるマンションですが、こうした劣化のスピードは戸建て住宅よりも速いこともあります。鉄筋コンクリートは、確かに頑丈に作られているというメリットがありますが、コンクリート部分が劣化し、クラックなどが発生した場合は劣化スピードが速まります。クラック部分から水などが浸入することで、コンクリート内の鉄部分が錆び、強度が弱くなってしまいます。こうした劣化部分の補修を10年ほどで修繕する必要があります。マンション大規模修繕は、住民の同意を得て行うことが基本です。長く安全に暮らすことができるように行います。