マンション大規模修繕としての周期

マンション大規模修繕の周期と言うのは、実は国土交通省が出しています。それによると大凡、12年に一度、ということになっています。但し、これは風土にもよりますし、鉄筋、コンクリートの厚さや基礎の作り具合にもよることになります。ですから、一概に言えることではないです。戸建てでも12年に一度はしたほうがよいといえるのは確かですから、そこまで間違ってはいないです。良い目安であるといえます。そこから逆算をして、積立金を徴収する必要があります。賃貸ならばともかくとして、分譲であれば戸ごとに必要になるからです。どの程度必要になるのかは、マンションごとに違いがあります。しかし、確実に大規模修繕がいつかは必要になってきますから、備えておくべきではあります。その周期の目安として12年という指標が一応はあるわけです。

マンション大規模修繕に対する素朴な疑問

マンション大規模修繕の最適な周期は12年だといいます。しかし、周りで大規模修繕を行っているマンションをあまり見かけません。確かに12年以上経っている気がするマンションもあるのですが、大規模な修繕をするという噂を耳にしたこともありません。実際にマンション大規模修繕の様子を見たことがないため、さまざま疑問が浮かんできます。マンション大規模修繕の最適な周期は12年だそうですが、それ以上経過するとどのような不具合が起こってくるのでしょうか。修繕を放置すると、住めなくなるほど劣化してしまうものなのでしょうか。そして、高層マンションなどの場合、足場はどのように組むのだろうなど、疑問は尽きません。マンションで生活をしている方も同じなのではないでしょうか。素人が考えても良い案が浮かぶわけがありません。そう考えると、少し費用がかかっても、まず良い管理会社を見つけることが大切だという結論に至りました。

マンション大規模修繕は寿命を

マンションの寿命を長くする方法と言うのはいくつかあります。その一つが定期的な修繕になります。また、マンション大規模修繕もやったほうがよいです。12年から15年に1度はやったほうがよい、ということになっています。ちなみに法的に義務があるようなこともあります。これはマンション次第ではありますが、外壁のタイルを13年に一度は修繕をする義務があるマンションもあります。色々と細かい条件が決まっていますから、それは購入する時に確認したほうがよいです。素人がその手の法律に精通するのは事実上、不可能になります。業者に聞くのが最も手っ取り早いです。相手にはキチンとディスクリプションをする義務があります。マンションの改修、修繕は避けることができないです。しかし、そこまで頻繁ではないですし、費用も積み立てるのが普通ですから、心配は不要です。